このページの先頭です
ここから本文です

COLUMN
コラム

上条 百里奈さん

上条 百里奈さんYURINA KAMIJO

介護福祉士/モデル

「寝具は寝るためだけの場所じゃなく、生きる場所」

睡眠を改善することで症状を緩和

イメージ

私は普段、介護士として、介護の必要な高齢者と接しています。高齢になれば誰もが患う可能性のあるものとして、「認知症」があります。
「認知症」と聞くと、皆さんはどんな症状を思い浮かべるでしょうか? 徘徊、暴力、食べ物ではないものを口に入れてしまう異食……
実はそれらは、認知症それ自体ではなく、認知症を原因とした「周辺症状」と呼ばれるものです。認知症という状態になったことによって、ストレスをうまく言葉にできず周りに伝えられない。伝えられないことによって、さらにストレスがかかり、どうしていいかわからず怒りのままに暴力を振るってしまう。
この周辺症状は、食事や運動、コミュニケーションのとり方、睡眠などを改善することで、緩和することができると私は考えています。

眠りの質が大切だから寝具選びも慎重に

イメージ

睡眠に関していうと、加齢とともに眠りの質が悪くなっているという相談は多いですね。眠りが浅かったり、早くに目が覚めてしまったり。人は眠っている間に、身体や脳の疲れを回復させますから、眠りの質が悪いと疲れがとれず、機能も弱ってしまいます。
眠りの質が低下する原因はいろいろと考えられますが、その一つに、寝具が身体に合っていないことがあげられます。年齢を重ねて骨格や体型が少しずつ変化し、それまで合っていると思っていた寝具が合わなくなっていた、というのがよくあるケースです。気付かないまま合わない寝具を使い続けて、眠りの質が悪くなる、そして身体の機能が落ち、日常活動の動作がしづらくなったり、認知症が悪化したりということが起こってきます。ですから、自分の身体に合った寝具を使うというのは、高齢になるほど大切なことなんです。

高齢者に向けて細部まで考えられた寝具

イメージ

西川リビングが新しく開発した、快適な寝心地を実現する「Good Night plus」シリーズの「コンフォートキューブマットレス」は、介護の視点から見てもとても優れた商品だと思います。一つは、ギャッジアップができることですね。高齢者は、食事を摂ったあとに、食べ物が逆流してしまうことが多いのです。それを防ぐために、30度くらいの角度で、やや身体を起こした状態にします。その状態でもマットが浮いたりせず、電動ベッドの動きにきちんと沿ってくれます。
一番いいのは、マットレスの縁が硬くなっていることです。ベッド周りというのは、高齢者の転倒リスクが最も高い場所です。目が覚めたばかりで、寝ぼけた状態でトイレに行こうと立つと、身体が安定していない状態なので、通常の柔らかいマットレスだと手をついたときに支えにならず、転倒に繋がってしまう。その点、「コンフォートキューブマットレス」は、立ち上がりやすいように配慮されているというので、とても感動しました。

イメージ

西川リビングの商品にはほかにも、家庭の洗濯機で洗える羽毛布団や、両サイドから開けられるふとんカバーなど、いいなと思えるものがあります。介護というのは、介護士やホームヘルパーなどのプロが、仕事として担う部分も多いですが、やはり一番はじめに役割を担うのは家族。老老介護が増えているという現実もあります。布団が汚れたときや、カバーのかけ替えをするときなど、一つひとつの作業が少しでも楽になることのは、とても大切なことだと思います。これが改善されれば、介護業界全体も明るくなるんじゃないでしょうか。

寝具というのは、寝るためだけのものであり、寝る場所というイメージでした。でもそれだけじゃなくて、障がいがある人が、ベッドの上で仕事ができたり、高齢者が寝たきりの状態であっても人生を楽しめたり、ベッドの上はその人の「生きる場所」にもなってきていると思います。私は、生きる時間をただ延ばすのではなくて、「明日も生きたいな」と高齢者が思えるような「今日」をつくる仕事が、介護という仕事だと思っています。寝具も、寝る場所、寝る時間というよりは、「人が生きる場所」として、今後の商品開発が進んでいけば嬉しいですね。

  • 上条 百里奈 介護福祉士/モデル

  • Profile プロフィール

    上条 百里奈

    介護福祉士/モデル

中学生の時に体験した介護の職場体験をきっかけに介護の仕事に興味を持ち、大学の福祉援助学科に進学後、「介護福祉士」の資格を取得し、老人保健施設に就職。
その後、ファッション雑誌をきっかけにモデルとしても活動を開始。
現在は、Studio Gift Handsにて介護福祉士及びモデルとして活躍中。
また、東京大学 厚生労働科学研究「健康診査・保健指導の有効性評価に関する研究」に研究協力者としても参加。
各地での講演活動や、2016年放送 フジテレビ系月曜日21時ドラマ 「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」 で介護指導・介護監修を行うなど、幅広く活動中。

赤星 憲広さん

赤星 憲広さんNORIHIRO AKAHOSHI

野球評論家

睡眠の大切さを選手時代に体感しました。

ストレスが食と睡眠に影響を与える

イメージ

野球選手として9年、退団してから9年が過ぎました。選手時代の体重は68kgで、今も同じですが、同じ68kgでも筋肉が減った分、見た目は多少変わってきたと思います。現役を引退した野球選手が急に太る姿を見てきて、絶対自分はそうならないと思っていましたが、なかなか難しいですね。食生活に気を付けて、スポーツジムに通っていても、選手時代のトレーニング量とは圧倒的に違いますから。
選手時代は、白ごはんだったら、どんぶりで2~3杯は食べていました。たくさん食べて筋肉をつける目的もあり、ある意味食がストレスになっていたかもしれません。

ストレスは食以外にもあり、プロとして野球をするうえでは、いろんなストレスがかかります。結果が出せなくて自分が悩むだけだったらいいんですけど、結果が出ないときの周りからのプレッシャーもあるんです。マスコミから叩かれたり、厳しい言葉をいただいたり。やっぱり落ち込みますよね。

そんなストレスで、ごはんが茶碗1杯くらいしか食べられなくなり、体は疲れているのに睡眠が満足にとれなくなりました。3時間くらい眠れたらいいほうで、3連戦、ほとんど寝ずに出ることもありました。変なアドレナリンが出て、その時はなんとかなるんですけど、後々体に支障が出てくるんです。その状態が続くと、ますます結果が伴わなくなってしまいました。

睡眠環境を整えて良い眠りを

食事や運動と違って睡眠はなかなかコントロールできません。だから睡眠環境をいかに整えるかが重要です。今は縁があって、西川リビングさんに定期的に枕やマットをチェックしてもらって、快適に眠れています。
僕は首の怪我が原因で引退したんですが、現役時代は痺れがひどくて睡眠中に目を覚ますことがあり、なにをやってもどうにもならなかったんです。それが、枕を変えてから目を覚ますことがなくなりました。痺れはあるんですが起きるほどではない。だから腰が悪いとか肩が痛いとか、体に痛みを抱えている人にとって寝具はとても大事です。

枕やマットの1㎝とか5㎜の高さの差がすごく大きいんです。このちょっとした差が首に悪影響を及ぼすことがあります。だから後輩たちにも寝具は大事だと言ってます。宣伝ではなくて、僕自身が考えなきゃいけなかったことだから。20代前半から睡眠環境を整えていれば、プロ生活が延びていたかもしれません。僕ができなかった分、若い選手には「睡眠環境を整えることの大切さ」をどんどん伝えていきたいと思います。

良い睡眠は、起きている時間の活力

怪我の影響でハードな運動はできないんですが、3才から12才まで水泳をやっていたので、今もジムで泳いでいます。プールにはシニア世代のかたも多いですね。泳いだり歩いたり、みなさんお元気です。僕が200m泳いで肩で息をしてるのに、何往復もした60代、70代の方の息がまったく上がってないのは、日々運動を続けておられる成果でしょう。
シニア世代は、なかなか眠りに入れない、熟睡できなくて疲れがとれないという悩みが多いようです。解決法は人によって違いますが、眠るのに苦労されているなら、まず布団や枕といった睡眠環境を整えてみてはいかがでしょう。人生の3分の1は睡眠時間なのだから、ある程度コストをかけてもいいんじゃないかな。それが起きて活動している人生の残り3分の2をより良いものにすると思います。僕は42才ですが、これから体力が落ちていくでしょうし、体形も変わっていきます。少しでも元気でいるために、体に負担をかけない運動を選ぶとともに、睡眠環境に力を入れていこうと思っています。良い睡眠は、起きている時間の活力になります。自らそれを経験した僕が、もっとも伝えたいことですね。

  • 赤星 憲広 野球評論家

  • Profile プロフィール

    赤星 憲広

    野球評論家

2001年、阪神タイガースに入団。プロ1年目から外野のレギュラーにつき、新人王と盗塁王の2冠を獲得。2001~2005年まで5年連続の盗塁王に輝く。
2003年から引退までは、盗塁数分の車椅子を寄贈し、引退後も「Ring of Red~赤星憲広の輪を広げる基金~」を設立し車いす寄贈活動や少年野球普及活動の継続に力をそそぐ。
現在は、野球評論家としてテレビや講演会などで幅広く活動中。