コンセプト

西川リビングの
温活ON℃+1.5

ひとは体の中に体内時計(サーカディアンリズム)を持っています。
この時計に合わせて、自然に眠たくなったり目が覚めたりしています。
この睡眠と覚醒のリズムと関係性が強いのが「深部体温」。
深部体温とは「体内の中心部分の温度」のことで、1日の中で夕方に高くなり、明け方に低くなります。

深部体温の変化がスムーズにできていると、
夜には自然に眠くなり、朝にはすっきり目が
覚めます。

通常、夕方〜夜の時間にかけて深部体温が徐々に
下がっていきます。

それが眠気に繋がり、熱を逃がす為の生体現象として「手先・足先」の温度が高くなります。

逆を言えば、手先・足先が冷えていると深部体温も下がりにくいため、寝つきにくくなり、質の良い睡眠がとれません。

身体をあたためることで、より上質な睡眠をとり、
いきいきと健康的に、美しく。

この自然な流れをサポートするのが、ON℃+1.5
(オンドプラス1.5)
です。
あなたも温活をはじめてみませんか?

まずは、自分の冷えを
確認してみましょう!

Check